敏感肌 医療クリニック 脱毛

医療クリニックの脱毛は敏感肌の人におすすめ

敏感肌女性

敏感肌の方は、脱毛サロンよりも医療クリニックの方で施術を受けるのが肌荒れなどトラブルを防ぐのに最適です。

 

前述した二者では脱毛を行う際に使う機材が異なるため、施術効果や肌への影響も変わります。

 

脱毛サロンで行われている「フラッシュ脱毛」という施術方法では皮膚に露出した毛に光を照射して毛を焼き切るので、皮膚への痛みや負担がかかり、肌荒れを起こしてしまいます。

 

それから毛穴の奥の毛根には光が届かず、施術後に再度毛が生えてしまうというデメリットもみられます。

 

それに対し、医療クリニックで使われているレーザー脱毛機器は光の出方が強く、毛根までレーザーを照射することができて永久脱毛が可能になるのです。
そのまま光を照射すると肌が弱い人には負担が大きいため、そのときは麻酔を使うなどして肌荒れを防いでいます。

 

脱毛サロンでは光を弱くすることで対処していますが、その分脱毛効果が落ちます。
資格を持った医師でないと性能が高いレーザー脱毛の機器を扱えないので、脱毛サロンでは低出力の安全な脱毛機器しか使用できません。資格の有無が、脱毛の効果を分ける理由となるのです。

 

医療クリニックが敏感肌の人におすすめな理由はもう一つあります。それは、脱毛サロンのフラッシュ照射回数よりも少ない回数で永久脱毛を完了させられるため、トータルの施術回数を減らすことができることです。

 

光照射は肌への負担がかかるので、サロンにこまめに通うよりも医療クリニックで医師の管理のもと脱毛を行うのが、きれいな肌を保つコツです。

 

料金はレーザー脱毛の方が高くなりますが、一生脱毛サロンに通い続けるよりははるかに安くすみます。
少しの期間だけクリニックに通院して、その後は肌のケアに専念するのが敏感肌の方にとってはベストな方法ではないのでしょうか。

 

医療クリニックは確かに割高で、通うまでのハードルは高いのかもしれません。
しかし実際は、これがつるつるのお肌を獲得する近道となります。